返済できなくなった場合どうする

返済できなくなった場合どうする記事一覧

知らないと損する「債務整理」の基礎知識

借金苦から抜け出す第一歩!現在消費者金融からの借金を返せなくて困っている人はおよそ150万人から200万人はいるといわれています。そのうち自己破産の申立てをした人は平成17年ではおよそ18万人です。このほか厳しい取立てに耐えかねて夜逃げした人が10数万人、経済的理由で自殺した人はおよそ9000人(平...

≫続きを読む

あなたは今いくら借りてますか?

 「なんとかなる」はなんとかならない事が多い。正に、借りすぎに注意をしよう!と言う事ですが、言うは安しで、なかなか具体的な行動はできないような気がします。もちろん、人によって収入や毎月の固定費が異なるので一概にどこまでが大丈夫で、これ以上が借りすぎと言えることではありません。皆さん平均、いくら借りて...

≫続きを読む

保証人と連帯保証人について

保証人と連帯保証人は同じようですが、その責任能力は大きく違います。保証人保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。保証人には以下で...

≫続きを読む

自己破産でもカードは作れるか

クレジットカードやローンの審査の際に必ず見られる個人信用情報を見て自己破産をしてるのを確認されてしまうと「どうせまた支払いをしないのではないか」という風に思われて審査に通らないわけですが、クレジットカード会社やローン会社がそのように思うのも当然でしょう。基本的には自己破産した方は、5〜7年くらいの間...

≫続きを読む

特定調停は自分でできる

債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてできるのが、特定調停です。特定調停の手続自分自身が裁判所に出向き「特定調停の申し出」をします。裁判所は「裁判所が選ぶ調停委員(仲裁してくれる人)が債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している会社)の、言い分を聞きながら、話し合いを進め...

≫続きを読む

個人再生法で借金返済

個人再生とは、任意整理の手続きでは返済していくことができず、自己破産はしたくないという人が利用します。個人再生手続きの1番の特徴は、住宅(持ち家)を維持しながらその他の借金を整理することができる点にあります。もちろん任意整理にでも、住宅ローンを除いて任意整理すれば同じことと思われるかもしれませんが、...

≫続きを読む