総合支援資金

総合支援資金ってご存じですか?

総合支援資金ってご存じですか?

 

 

雇用期間の関係で失業保険がでない方や就活が長引いて生活ができない方などに対して政府の支援制度があります。総合支援資金貸付というものですが、借り入れできる可能性があります。

 

原則は無利息ですが、連帯保証人が見つからない場合でも貸付利子は年1.5%で借金ができます。むやみに消費者金融で債務を作らず、政府のセーフティーネットを上手に使いましょう。

 

総合支援資金を受ける条件

 

失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対する、生活支援費(上限:2人以上世帯月額20万円・単身月額15万円×最長12ヶ月)などの貸付制度があります。

 

総合支援資金は原則連帯保証人を必要とします(連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子)。
連帯保証人を確保できない方も、貸付を受けることができます(その場合は貸付利子は年1.5%となります)。

 

"ただし、雇用保険(失業等給付)、年金等の他の公的給付・貸付を受けることができる方は、総合支援資金貸付の利用はできません。"

 

"総合支援資金貸付の申請窓口は、現在の住所(住居のない方の場合は住宅支援給付を利用して入居する予定の賃貸住宅の住所)を管轄する市町村の社会福祉協議会です。"

 

また、ボランティア団体ではありますが、社会福祉協議会というものがありますが、そこでも条件さえ満たせば、低利子で借りれができる場合がありますので、このような、公的な機関の補助金制度を申請してみて、ダメであれば消費者金融ということになります。

 

関連ページ

消費者金融会社の実態
良く言われるグレーゾーン金利というのは、この定められた2つの金利の間の金利の事なのです。要するに、ほとんどの貸金業者が違法な貸付をしているという事です。なぜこんな事がまかり通るのかというと、利息制限法を守らないのは違法は違法なのですが罰則がないんですね。
消費者金融のお仕事
消費者金融での仕事の辛い点は、この返済の督促業務だと言われています。返済が遅れると通常利息に遅延損害金という利息が上乗せされる仕組みですので、返済を滞らせたまま放置するほど顧客はますます返済に苦しむことになるのですが、対応する消費者金融の担当者も苦労することになります。
社会福祉協議会と消費者金融
あわてて消費者金融に手を出して、借金地獄に落ちおる場合もありますので、公共の支援機関に社会福祉協議会というところがありますので、そちらで相談することをおススメします。