消費者金融 仕事 

消費者金融のお仕事 

消費者金融での仕事の辛い点は、この返済の督促業務だと言われています。

 

 

返済が遅れると通常利息に遅延損害金という利息が上乗せされる仕組みですので、返済を滞らせたまま放置するほど顧客はますます返済に苦しむことになるのですが、対応する消費者金融の担当者も苦労することになります。

 

 

返済の遅れている顧客に連絡しても連絡が取れないことが多く、また連絡が取れたところで、顧客が返済してくれるとは限らないのです。一方、営業成績が管理されているため、顧客との板挟みでストレスを抱える場合もあり、残業も多いので、精神的にも肉体的にもハードな業務であると言えます。

 

 

消費者金融では、働く際にはいくつか条件があるといわれています。その条件とは、保証人(家族1人と何親等か離れている人1人)を合計2人立てる事。そして、1番重要になるのが、家族に消費者金融から借入している者が誰も居ないという事が重要です。銀行やクレジットカード関係でブラックリストに載っていないという事だ。

 

 

仕事内容に関しては、主に電話業務が主体となる。たとえば、優良顧客などに営業の電話をしたり、返済が遅れている人たちへ督促の電話などが主な仕事になります。

 

"営業開始後は

 

1.優良顧客に営業の電話(「ご融資はいかがですか?」)

 

2.返済の遅れてる人に督促の電話・電報

 

3.返済しないで逃げた人の行方探し

 

 役所に借用書を送り住民票請求。親族に電話等

 

4.弁護士を入れて利息を下げたのに払わない人に督促する。

 

 これは本人には電話できない決まりなので弁護士事務所に電話する。

 

5.新規融資の受付"

 

出典隣人注意報 : 大手消費者金融の仕事

 

"店長から、3人だなと言われました。なんのこと最初はわかりませんでしたが、お客様の自殺を3人体験して、初めて1人前のサラ金マンだと言われました。訳がわかりませんでした。"このように、サラ金業界で働くには、かなりの勇気と決断がないと、勤めが続かないということですね。

 

 

少し前に知人が業界No1の金融会社に採用通知を貰いました。いろいろ調べたらかなり仕事内容がイメージと違っていたのでお断りしたようです。土日祝日は休みとありましたがノルマが大変で休日出勤し、ティシュを配ったりするそうです。

 

 

お客への取り立ては直接はありませんが電話での催促が仕事となるようです。正直、よっぽどでなければ誰でも採用されるかと思います。離職率もかなり高い事から、どのような職場かが大体 検討つくと思います。

 

 

関連ページ

消費者金融会社の実態
良く言われるグレーゾーン金利というのは、この定められた2つの金利の間の金利の事なのです。要するに、ほとんどの貸金業者が違法な貸付をしているという事です。なぜこんな事がまかり通るのかというと、利息制限法を守らないのは違法は違法なのですが罰則がないんですね。
社会福祉協議会と消費者金融
あわてて消費者金融に手を出して、借金地獄に落ちおる場合もありますので、公共の支援機関に社会福祉協議会というところがありますので、そちらで相談することをおススメします。
総合支援資金ってご存じですか?
総合支援資金ってご存じですか? 雇用期間の関係で失業保険がでない方や就活が長引いて生活ができない方などに対して政府の支援制度があります。総合支援資金貸付というものですが、借り入れできる可能性があります。 原則は無利息ですが、連帯保証人が見つからない場合でも貸付利子は年1.5%で借金ができます。むやみに消費者金融で債務を作らず、政府のセーフティーネットを上手に使いましょう。 総合支援資金を受ける条件 失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対する、生活支援費(上限:2人以上世帯月額20万円・単身月額15万円×最長12ヶ月)などの貸付制度があります。 総合支援資金は原則連帯保証人を必要とします(連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子)。 連帯保証人を確保できない方も、貸付を受けることができます(その場合は貸付利子は年1.5%となります)。 "ただし、雇用保険(失業等給付)、年金等の他の公的給付・貸付を受けることができる方は、総合支援資金貸付の利用はできません。" "総合支援資金貸付の申請窓口は、現在の住所(住居のない方の場合は住宅支援給付を利用して入居する予定の賃貸住宅の住所)を管轄する市町村の社会福祉協議会です。"また、ボランティア団体ではありますが、社会福祉協議会というものがありますが、そこでも条件さえ満たせば、低利子で借りれができる場合がありますので、このような、公的な機関の補助金制度を申請してみて、ダメであれば消費者金融ということになります。