消費者金融会社 実態 

消費者金融会社の実態 

皆さんはグレーゾーン金利って聞いた事ありますか?

 

 

金利には上限を定めた法が2つあるのですが、一つは利息制限法、もう一つは出資法です。

 

 

法定金利

 

【利息制限法】では

 

元金  10万円未満           −年20%以下
    10万円以上100万円未満    −年18%以下
    100万円未満          −年15%以下

 

本来ならばこの利率を、超えた分は無効となるのですが・・・

 

 

【出資法】−年29.2%以下

 

この2つの金利には大きな差があります。

 

良く言われるグレーゾーン金利というのは、この定められた2つの金利の間の金利の事なのです。要するに、ほとんどの貸金業者が違法な貸付をしているという事です。なぜこんな事がまかり通るのかというと、利息制限法を守らないのは違法は違法なのですが罰則がないんですね。

 

 

グレーゾーン金利は今回大きな社会問題になった事から、撤廃の方向には動いていますが、まだ、法的な強制力はありません。ですが、最近のキャッシング会社には金利を見直し、健全な融資を心がけている会社もあります。
まだ法に守られていない今、消費者側がきちんと貸金業者やその業者の金利などを選ばなければいけないという事です!

 

 

 

例えば、アコムやプロミスなどでキャッシングをするのに普通は、近所の無人契約機を探し、審査に通るか分からないのにわざわざ足を運び、申込みしにいきますよね。大手金融会社をピックアップしているサイトなのですが金利に注目。分かりましたか?実は、本当に簡単なことだったのです。ネットから審査の申込をするだけで…金利が低いんです。審査が簡単で早いんです。歩かなくてもいいんです。

 

 

 

これ、活用しないと損します。どのくらい金利が低いのかはよく見ると良いかもしれません。先ほども言いましたが、ここ数ヶ月で金利はずいぶんと低下しているのが一目瞭然ですね。散々言ったので分かっていると思いますが、金利はなめてはいけません。将来の自分の生活が、楽になるのも、苦しくなるのも、金利です。

 

 

1に、金利、2に金利、

 

しっかり頭に叩き込む。

 

そして、計画性を持つ。
例え借金でもキャッシングを上手に活用すればOKで、得する方法があります。

 

お金のコントロールを覚えると、人生ラクですが、お金にコントロールされるようになりますと、人生は、地獄になってしまいますね。

 

関連ページ

消費者金融のお仕事
消費者金融での仕事の辛い点は、この返済の督促業務だと言われています。返済が遅れると通常利息に遅延損害金という利息が上乗せされる仕組みですので、返済を滞らせたまま放置するほど顧客はますます返済に苦しむことになるのですが、対応する消費者金融の担当者も苦労することになります。
社会福祉協議会と消費者金融
あわてて消費者金融に手を出して、借金地獄に落ちおる場合もありますので、公共の支援機関に社会福祉協議会というところがありますので、そちらで相談することをおススメします。
総合支援資金ってご存じですか?
総合支援資金ってご存じですか? 雇用期間の関係で失業保険がでない方や就活が長引いて生活ができない方などに対して政府の支援制度があります。総合支援資金貸付というものですが、借り入れできる可能性があります。 原則は無利息ですが、連帯保証人が見つからない場合でも貸付利子は年1.5%で借金ができます。むやみに消費者金融で債務を作らず、政府のセーフティーネットを上手に使いましょう。 総合支援資金を受ける条件 失業等により日常生活全般に困難を抱えている方に対する、生活支援費(上限:2人以上世帯月額20万円・単身月額15万円×最長12ヶ月)などの貸付制度があります。 総合支援資金は原則連帯保証人を必要とします(連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子)。 連帯保証人を確保できない方も、貸付を受けることができます(その場合は貸付利子は年1.5%となります)。 "ただし、雇用保険(失業等給付)、年金等の他の公的給付・貸付を受けることができる方は、総合支援資金貸付の利用はできません。" "総合支援資金貸付の申請窓口は、現在の住所(住居のない方の場合は住宅支援給付を利用して入居する予定の賃貸住宅の住所)を管轄する市町村の社会福祉協議会です。"また、ボランティア団体ではありますが、社会福祉協議会というものがありますが、そこでも条件さえ満たせば、低利子で借りれができる場合がありますので、このような、公的な機関の補助金制度を申請してみて、ダメであれば消費者金融ということになります。